UTOWA 化学療法中のカラーカウンセリング

    パーソナルカラーとは、その人に調和し最大限に魅力的にみせる色のグループのことです。体調の変化とともに変わることもあり、化学療法中は肌トラブルや色素沈着がおこりやすく、いつもより肌の色がくすむことも。隠すのではなく、今の肌に合わせて色を選び直せばよいだけ!と教えてくれるのはUTOWAカラーアナリスト熊谷葉子さん。 

    化学療法中のトーンダウンに合わせて今を楽しむ

    化学療法中はいつもより肌のトーンがダウンしがち。 UTOWAカラーカウンセリングで今の自分に似合う色をブラッシュアップ

    株式会社UTOWA「paula dorf beauty studio」「UTOWA AOYAMA」にて

    Joint project

    平澤沙耶さん

    がんサバイバー企画担当

    ニュージーランド留学後IT企業勤務 2児の出産後乳がんに罹患。自分の経験をいかしてできることから活動中

    熊谷葉子さん

    メイクアップアーティストとして主にメイクアップレッスンを担当。シャネル勤務を経て、大手航空会社教育機関、今話題のTRUNK HOTELにてカラーカウンセリングセミナーを担当

    UTOWA PR

    廣瀬佐都子さん

    がん治療中の女性を応援する活動を定期的に行ってくださっています

    まずは今の自分の色を知る

    その人その人がもつパーソナルカラーを探る。顔、目、肌、髪の色(ウィッグ)に合わせ、その人に合うカラーをドレープを合わせながらみつけていく。パーソナルカラーは四季に例えられるspring,summer,autumn,winter。

    モデル 原田朋子さん 乳がん治療中

    今のトーンに合うカラーが見つかったら、おもいきってメイクも変えてみる!

    ドレープを用いカラーカウンセリングをしてもらったあとは、そのカラーを取り入れたメイクの講習をしてもらえる。 自分が思っていたよりも明るい色が似合うことがわかった方や、ビビットな色が似合うことを知った方、ウィッグのカラーに合わせて色の変化を入れるコツなども!

    変化を受け入れて、変化に合わせた楽しみをどんどん増やしてほしい!

    カウンセリング後はみんな笑顔!

    肌の色素沈着がひどくて落ち込む気持ちも、この今の状態をうけいれ、それを楽しめばいいんだ!。今までの髪型、メイク、できなくなったこともあるけれど、ウィッグや新しいメイクでずっと挑戦してみたかったファッションに挑戦できるようになった!。メイクはどんな時でも女性が元気になれるものだと思いました。自分のパーソナルカラーはとても気に入りました。服などもこれから参考にして楽しみたい。といった感想の声が聞こえました。

    関連記事

    1. 【ベアミネラル】国際女性デーに向け「がんと向き合う女性」を応…

    2. 「ベアミネラル」国際女性デーイベント申込

    3. 術後でも気兼ねなく休める温泉宿 箱根小涌園 天悠宿泊レポート…

    4. サバイバーが注目するヴィーガンスイーツ特集

    5. 化学療法中の爪トラブルお助けグッズ

    6. がんと向き合う女性に寄り添うTEARTHからのメッセージ