一般社団法人BCY Institute Japan

    一般社団法人BCY Institute Japan 紹介

    「がんになってもヨガがしたい」という声に応え、全国にがん経験者向けのヨガの教室を広めようと活動しています。

    乳がんをはじめとするがんの手術や治療に伴って変化が起こる体や体調。そして気持ちのアップダウン。

    例えば、腕が上がらなくなる。見た目の変化。うつ伏せができなくなる。浮腫になる。呼吸がしにくくなる。疲れやすくなる。気分が落ち込む。眠りにくい。体力の低下。緊張が抜けない。孤立感。など、がん経験者が経験する困りごとはいろいろ。

    がん経験者向けのヨガでは、これらを可能な限り踏まえて行うことができます。

    例えば、腕は真上まで上げる必要はありません。痛くなく、気持ちよく呼吸ができるところに上げれば十分なのです。気持ちのいい呼吸がもたらす精神的な変化は計り知れません。

    うつ伏せが禁忌の方に対しては、そのようなポーズは提案しません。その代わり、同じ効果を得られるほかのポーズを提案します。

    浮腫の危険があるポーズは行わず、疲れすぎないようにも気を配ります。

    ヨガのいいところは、だんだんと深い呼吸になっていくことです。

    深い呼吸の恩恵は多く、気持ちの改善や緊張の緩和、そして睡眠の改善をサポートします。

    そして、ヨガのレッスンは同じ病気を経験した人との出会い、話をする時間にもなっています。それまで誰とも病気について話したことのなかった方が、心を開いて語り合ったり、仕事を休んでいて病院と自宅の往復だけだった方にとって、新たに社会とつながる場となったりしています。

    BCYはこれまで乳がん経験者を対象としたヨガレッスンの提供を前提に講師の養成を行ってきました。全国に乳がんヨガの教室が広がってきました。こちらのリンクから、お近くの教室を探してみてください。

    【全国乳がんヨガ指導者名簿】https://breastcancer-yoga.org/class

    その一方、乳がんに限らず、ほかのがんの経験者にもヨガを安全に楽しんでいただけるようBCYは取り組んでいます。その第一歩として、【がん経験者のためのディープリラックスヨガ】(参加費無料・オンライン開催)を企画しました。

    詳しくは2022.10.23 【無料体験会/オンライン】がん経験者のためのディープリラックスヨガ | Coubic こちらをご覧ください

    関連記事

    1. 【NEMOHAMO】「エコロジカル」で「クリーン」なナチュラ…

    2. 化学療法中の爪トラブルお助けグッズ

    3. 抗生物質や農薬を使わない コンビタのマヌカハニー

    4. 術後でも気兼ねなく休める温泉宿 箱根小涌園 天悠宿泊レポート…

    5. 【エムアンドエムソックス】温めて優しく包む

    6. アピアランス相談室・サバイバーおすすめのコトモノ