術後でも気兼ねなく休める温泉宿 箱根小涌園 天悠宿泊レポート

    箱根小涌園 天悠

    箱根小涌園 天悠の宿泊を実際に体験した乳がんサバイバーのレポートです。

    推薦人 原田朋子さん

    乳がんステージ2(トリプルネガティブ)の告知を受け、術前抗がん剤、温存手術、放射線治療を経験。

    私は乳がんを経験し、化学療法で脱毛をしたり、手術をしたことで手術の跡が気になるようになり、温泉旅行をすっかりあきらめた気分でいました。しかし同じ乳がんを経験している方が術後でも旅行を変わらず楽しんでいる様子に感化され、もともと好きだった温泉旅行に行ってみようと思うようになりました。

    箱根小涌園 天悠は都心からも2時間ほどの全客室露天風呂付の温泉旅館です。

    乳がんを経験する前、箱根小涌園の本館の方を利用したことがありましたが、今回は乳がん患者が術後でも人目を気にせずくつろぐことができたという声をもとに、全部屋露天風呂付の別館の「天悠」に宿泊してみました。

    フロントに入った瞬間に開放的な空間に圧倒されます。空に続くようなフロントから、周囲の景色に身体が吸い込まれていくような絶景が目の前に広がります。

    結果からお伝えしますと、天悠は乳がん患者にとってとても優しい心使いのある宿でした!。がんサバイバーおすすめの宿としての推薦ポイントは次の4点となります。

    写真は天悠HPより

    部屋に入るとまず、ベランダの外風呂がすぐに目に入ります。和洋折衷のお部屋でとても清潔感があります!

    外風呂に入るときの設備は本当に素晴らしく、ブランドと天井からのパーテーションで外風呂側の部屋の一角が仕切られるようになっています。ベランダ側にもブラインドがついており、周りを一切気にせず外風呂に入れるようになっています。これでしたら乳がん術後の傷跡を気にせず、また抗がん剤中の脱毛中でも心置きなく外風呂を楽しめます。お湯ももちろん温泉です。

    「湯あみ着」を貸し出してくれる

    ホテルの露天風呂に入りたい場合、傷を隠して入浴できる、「湯あみ着」というものを貸し出してくれます。   (上記写真)

    これを使えば、大浴場や露天風呂でも術後の傷跡をやさしく包みながら入浴することができます。また露天風呂が比較的すいている時間帯を事前に教えてくださったため、私は湯あみ着を使わずとも人目を気にせず大浴場や露天風呂でくつろぐことができました。

    ヨガプロブラムがある

    箱根天悠 ヨガ に対する画像結果
    写真は天悠HPより

    私が宿泊したときはコロナウィルスの影響でプログラムがお休みだったのですが、通常は事前予約をすることでヨガプログラムに参加することができます。絶景をのぞみながら、参加するヨガプログラムはとても素晴らしいものだと思います。

    ハーブティーなどが常時設置、食事も健康的

    フロントには常にハーブティーなどが設置してあったり、入れたてのコーヒーがいつでも楽しめます。お食事も大変美味しく、夕食は季節のものをふんだんに使われた和懐石料理、朝食もお魚を中心とした豪華ながら健康のことを配慮して考えられた食事でした。

    乳がん体験者として利用してみて、本当に乳がん患者にとってもとても優しいホテルでした。心も体も満たされた1泊2日でした。ぜひまた何度でも利用したいホテルの一つです。

    術後初めての温泉旅行でしたが、最初は人目が気になったりするのではないかと不安をもっていたこともすでに忘れ、かけ流しの温泉に身体も心もあたたまり、心からリラックスすることができました。旅館の方々のこまやかな心づかいにてよって、くつろぐことができ、気持ちも前向きになれました!

    関連記事

    1. 化学療法の副作用を知る

    2.      

    3. 化学療法中の爪トラブルお助けグッズ

    4. アピアランス支援センターへ行ってきた

    5. 先輩がん患者さんの体験談から元気をもらう

    6. 生きることは動くこと 『LoopExercise®』