術後でも過ごしやすい宿3選 箱根オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭

    箱根オーベルジュ フォンティーヌ・ブロー仙石亭

    コンセプトは、癒しと、和みの回帰


    伝統のフレンチによる 「内」なるリセット。
    硫黄の香る源泉で 「外」からのセットアップ。
    「フランス料理の温泉宿」としての 魅力を持つ新しいリゾートの形です。


    内なる癒しと外からの和みで、 豊かな時間をお過ごしください。

    箱根オーベルジュ フォンティーヌ ・ブロー仙石亭 はがんと向き合う女性を応援してくださっている宿です

    推薦人 Yukiさん

    乳がんステージ3の告知を受け、術前抗がん剤、全的手術、放射線治療を経験。

    私は乳がんを経験し、化学療法で脱毛をしたり、手術をしたことで手術の跡が気になるようになり、温泉旅行をすっかりあきらめた気分でいましたが、他の乳がんを経験されている方々の声をもとに、「術後でも人目を気にせずゆっくり過ごせる宿」の 箱根オーベルジュ フォンティーヌ ・ブロー仙石亭 に宿泊しました。

    生活圏から少し離れた日本の原野風景の中に自分を置いてみる。
    本来の自分、未来の自分、現実と理想が混同して、とても良い時を体験する。
    場面変更がもたらす効果です。
    本来の自分にゆっくり戻っていく豊かな時間があります。

    部屋に入ると、広々としたリビング&ツインベッドルームが目に入り、
    大きな窓からは、広大な箱根外輪山の眺望が広がりました。


    全室大涌谷温泉かけ流しの 展望露天風呂ですが、この角部屋の201号室は明るい日差しと景色が本当にすばらしく、まどから見える箱根の山々を見渡しながら、通院などで忙しかった日々から一瞬でも解放されたことに喜びを感じました。

    この部屋は露天風呂がお部屋にあるため、大浴場に足を運ばなくても部屋でのんびりと人目も気にせず大涌谷のかけながしの温泉を楽しむことができます。


    #Label

    部屋の露天風呂以外にも大浴場がありますが、とても驚くのは、部屋にひかれている大涌谷温泉とは異なる「強羅温泉」の温泉に入ることができるところです。大浴場のすいている時間を教えていただいたことをきっかけに、早速この「強羅温泉」お方の温泉を体験いたしました。もともと12室のみのオーベルジュとなっているので、本当に落ち着いた時間を過ごすことができました。また温泉は身体の隅々まで温まり、リフレッシュすることができました。

    ディナーコースは、季節によってメニューが変わります。移り行く季節が伝える風情を素直に受け入れる感受性は、「日本人の美徳」との考えから。
    環境と想いを見える形に表現者としての料理は見る目にも美しいものでした。
    その時期、その日の気候、頭に浮かぶ閃きに逆らわない伝統的なフレンチの技法をベースに 伝統と新しさが合わさったお料理は、他では体験のできない本当に素晴らしいフレンチでした。

    朝食も本当に素晴らしく、できたてのパンケーキは本当に夢のような美味しさで、幸福な気持ちになりました。

    「幸福感」を自身で気づき癒された状態になるとき、
    自己治癒力の向上と合わせて感じて頂きたいというコンセプトどおりに、私はこの宿泊を通じて心からの癒しを得ることができました。

    乳がん体験者として利用してみて、本当に乳がん患者にとってもとても優しいホテルでした。心も体も満たされた1泊2日でした。ぜひまた何度でも利用したいホテルの一つです。

    術後初めての温泉旅行でしたが、身体も心もあたたまり、素晴らしい体験ができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。オーベルジュの方々のこまやかな心づかいにてよって、くつろぐことができ、気持ちも前向きになれました!

    フォンティーヌ ・ブロー仙石 にはここでしか味わえない、最高のリラックスとホスピタリティがあります!

    関連記事

    1. がんと向き合う女性に寄り添うTEARTHからのメッセージ

    2. 先輩がん患者さんの体験談から元気をもらう

    3. 【MIYOSHI】誰もが共通して使えるお肌に優しい無添加スキ…

    4. 化学療法中の爪トラブルお助けグッズ

    5.      

    6. アピアランス支援センターへ行ってきた